« Back to BMW5.NET
このサイトは旧バージョンのBMW5.NETを再公開しているものです。2004年〜2008年7月までのアーカイブです。記事やコメントの投稿はできません。
イベントレポート
イベントレポート : ENGINE ドライビング・レッスン in 筑波サーキット体験記(Part.1)
投稿者 : hidde 投稿日時: 2006-04-02 15:34 (2160 ヒット)

2006年3月28日(火)、雑誌「ENGINE」主催のドライビング・レッスンに参加してきました。茨城県の筑波サーキットにて開催されたこの企画の様子をレポートしたいと思います。

このスクールを知ったのは、「ENGINE」誌を読んでいるとき、この企画のレポートページが目に留まり、今年の開催日程が決まったとの告知を読んだからです。 参加は先着順だったので、即申し込みメールを送り、定員ギリギリでエントリーできました。BMW3.NETのサイトオーナー、gucci氏にも声をかけ、一緒に参加となりました。 このスクール自体は、「Yui Racing School」によって行われています(以前に Gordonさんが受講されていましたね)。内容はWebサイト にあるものと同一です。 スケジュールはなんと朝6:30からスタートし、夕方4:30まで丸一日。朝3時起床、4時に首都高用賀料金所PA集合で筑波に向かいました。少し早めに到着するとポルシェ911オーナーが一人、その後続々とポルシェ、BMW、ルノー、ロータス、スマートなどが到着。ENGINE誌の読者層のためか、輸入車がほとんどでした。

運転は科学だ!

まずは座学。とは言ってもあまり難しいことは話されず、「運転は科学」であることを教えられました。走る、曲がる、止まる、はすべて科学的な法則で成り立っていて、それを理解することではじめてクルマの性能を引き出し、速く、確実に、そして安全に走れることができることを、丁寧に説明していただきました。 私はこのスクールに参加する前に、「サーキット走行入門」という本を読んでいたのですが、これにも同様なことが書かれています。予習、復習には最適な本だと思いますので興味のある方はどうぞ。 そしてこの後、いよいよコースへ移動しました。
ブレーキング・レッスン

午前中は、筑波サーキットのジムカーナ場へと移動。時間はまだ8時前でした。まずはブレーキングのレッスンです。 クルマが加速状態にあるときには、荷重がリアにかかっています。アクセルを離すかブレーキを踏むと、減速状態となり、荷重はフロントにかかります。まずはこれを体感することから始まりました。これはブレーキングにしてもコーナリングにしてもとても大事なことだと教え込まれました。 ABSを作動させずに荷重移動とブレーキワークをうまく使うと、コーナー前の減速も短距離ですみ、コーナリングでは荷重がフロントにかかっている方が、曲がりやすくなるのです。 頭ではわかっていても、なかなかこれが難しい。でもこれが基本中の基本だとのことなので、しっかり練習しないといけませんね。
オーバルコース・レッスン

次は同じくジムカーナ場をつかってのオーバルコースレッスンです。とても小さなコースですが、オーバルには加速、減速、コーナリングの3要素が詰まっており、これを連続して体感・練習できるコースなのです。 最初に自分一人で運転、次にトレーナーに運転してもらって自分は助手席に、またその後は無線(FMラジオ)で指示を受けながら走行しました。毎回運転後にトレーナーからレビューがあり、良かった点、改善点を指摘してもらいます。 そしてまた最後に自分で運転して午前中のレッスンが終わりました。 言われたことが、できているんだかどうだか、正直よくわかりませんでしたが、荷重移動のさせ方とその感覚はなんとなく掴めた気がして、それだけでも大きく進歩できた気がしました。
お昼休みはお弁当タイム。

午後の会場となるコース1000前の駐車場に移動し、お弁当とお茶が出されてのランチタイムです。この時間には日も出て暖かくなり、自然とBMWオーナーたちが集まって一緒に食べました。BMW車は、E46M3、E46 330 Mspo、E90、ALPINA B7、またなんとドイツで買って持って帰ってきたというE36M3リムジン(4ドア)などが参加していました。 この間も勉強すべく、「サーキット走行入門」を読んでいましたが、やはりこの本、すべてのBMWドライバーにはお勧めです。
次回へ続く!

今回のレポートはとりえずここまでです。続きは次回のお楽しみに。 次回はいよいよ、実際のサーキットへコースインします。 続編はこちら!


印刷用ページ 

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド
アーカイブサイトメニュー


©BMW5.NET 2004-2008 All rights reserved. Powered by XOOPS Cube Legacy