« Back to BMW5.NET
このサイトは旧バージョンのBMW5.NETを再公開しているものです。2004年〜2008年7月までのアーカイブです。記事やコメントの投稿はできません。
コラム
コラム : トレードイン・スピーカー再装着
投稿者 : hidde 投稿日時: 2006-08-01 18:40 (1300 ヒット)

alpit_03去年の暮れに、神戸のXCEL AUDIOさんにて装着したトレードイン・スピーカーを、hidde3号に再装着しました。

取り付けをお願いしたのは、このトレードインスピーカーの開発元である、東京のアルピットさん。

hidde1号からhidde3号に乗り換えてから、ず〜っと耐えられなかったのが、純正スピーカーの音質。同じことをフォーラムにも書きましたが、やはり一度いい音を知ってしまうと、それが普通になってしまい、そこから落ちると常に我慢させられているような感覚があって、なんとも言えないものがありました。

undefined



alpit_02スピーカーユニットは、純正のものと比べて見ると一目瞭然。コーン部分の材質、重量(=磁石の質)など、まったく別物だということがすぐに分かります。すでに何台ものE60/E61のスピーカー交換をされているせいか、手馴れた手つきで確実に交換作業が進んでいきました。作業中はなんと言うか、横からの撮影は許可していただいたものの、話しかけたりはできない状態で、真剣そのもの、という感じがしました。さすがプロ、と実感させられました。連れて行った娘が横で騒いでしまい、ご迷惑をおかけしました。


Alpit01スピーカーの交換と同時に、アルピットオリジナルサウンドチューニングというのもお願いしました。同じことをXCEL AUDIOさんにも作業してもらっていたので、これを施すことによって、hidde1号と同じ音空間が復元できます。具体的には企業秘密(?)なのかもしれませんのでここでは書きませんが、お話を聞くと、「えっ?」と思うことを実施しているそうです。それでこんなにもさらに音が変わるのか、と驚かされました。

音質については、以前の記事にも書いたとおり、まったく別空間になります。私にとっては、これがE60の音空間だとおもっていたので、やっともとの通りに戻った、という印象さえありました。


alpit_04アルピットさんは、東京都杉並区にありますが、関西方面の方にはXCEL AUDIOさんにて作業をお願いすることができます。E60向けのアフターパーツの中で、私が最もおすすめしたいもののひとつは、このスピーカーです。ご興味のある方は、私のクルマにお気に入りのCDを持ってきてください。



印刷用ページ 

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド
アーカイブサイトメニュー


©BMW5.NET 2004-2008 All rights reserved. Powered by XOOPS Cube Legacy